サムイ島 【Scuba Blue World 】のダイビングブログ 2006年04月



最新のダイビング ログ
最新のコメント

最近の
ダイビングログ

ブログ内検索
RSS

リンク

メニュー
閉じる



【2006/04/14 21:30】
-本日のダイブログ-
ポイント:ツインロック
透明度:12~20m   流れ:無し
水温:30度      気温:35度
__________________
今日はゲストお1人。リクエストは12mまでの
浅場じっくりゆっくり写真撮影ダイブ~

ということで一の根までしか回らず、あとはじっくり写真撮影です。
お日柄もよく、透明度もよく
絶好の撮影日和!

今日の狙いはソラスズメダイ
・・・でしたが、
小さくてなかなかカメラに収まりづらい・・・

twin1-4-14-2006


浅場に戻ってくると、光が差し込んでていい写真が取れます。
思い思いの写真を撮って50分間のの~んびりダイブでした。

風景、サンゴ、魚、人・・・twin2-4-14-2006


透明度のいい時の浅場は、
工夫次第でいろんな撮影ができて楽しいですねー!

ゲストの方は一回しか水中撮影はしたことが無いとの事でしたが、
すっかり姿はプロカメラマン
お子さんにたっぷり見せてあげてくださいね!
スポンサーサイト


個別ページ表示[コメント(0)] | [トラックバック(0)]



コメント(0)
[コメントリスト]





【2006/04/07 21:02】
本日のダイブログ
ポイント:チュンポンピナクル
透明度:25~m   流れ:無し
水温:30度      気温:35度
__________________
本日はファンダイブで、またまたやって来ました
チュンポンピナクル!
透明度もますます良くなってまーす!

一昨日と同じく、ホソヒラアジギンガメアジを眺めた後、
更に奥へ進んでいくと・・・
上の方に何か気配を感じる・・・
と思って見上げてみると、
頭の上をぐるぐるとブラックフィンバラクーダの群れが回る回る!
あいにくすぐに泳ぎ去ってしまいましたが、
今度はイエローテイルバラクーダの群れに遭遇!
一匹1メートルくらいはあって大迫力!
帰りにもう一回、アジたちに会っておくか・・・
と思ってロープ下に戻ってくると、
なにか根の上でうごめいているゾ?
何だ~カメだ~!うーん、こんなところでカメに出会えるとは!
しかも食事に夢中で近づいても全然逃げないのねー。
貝をもりもり食べている姿をじっくり観察してきました。
カメラもって行かなかったのが悔やまれる・・・
今度はばっちり撮影してきたいところですねー。


個別ページ表示[コメント(0)] | [トラックバック(0)]



コメント(0)
[コメントリスト]





【2006/04/06 19:41】
本日のダイブログ
ポイント:チュンポンピナ来る
透明度:20~?m   流れ:無し
水温:30度      気温:35度
__________________
今日はアドバンスコースのディープダイブをやるために
チュンポンピナクルに行ってきました!
水面に飛び込んで水中を覗き込んでみると・・・ 

すばらしい透明度ー
下の根までよーく見えます。
ロープの下にはホソヒラアジギンガメアジの群れが一緒になって固まってます!

chum-5-4-2006

いつものようにイエローバンドフュージュラー
ジャワラビットの群れもしっかり見れて、
後半は根の上をのんびりダイブ。
これだけ透明度があると
根の端から端まで見渡せて最高~
最後にもう一度ホソヒラアジとギンガメアジに挨拶をして、
安全停止中も青い世界chum2-5-4-2006

を十分に堪能しながら帰ってきました。


個別ページ表示[コメント(0)] | [トラックバック(0)]



コメント(0)
[コメントリスト]





【2006/04/04 18:39】
本日のダイブログ
ポイント:ツインロック
透明度:10~18m   流れ:無し
水温:31度      気温:35度
____________________________
本日のお客様は、12歳のジュニアダイバーとお母様のお二人。
twin-4-4-2006.jpg
あまりにもスバラシイ!透明度に、思わずパチリ。

その時に、カメラから泡がポコッポコッ。『あ~水没の危険有り』
なので、カメラはボートでお留守番。

さてさて、水中は・・・・
どこまでも見える!青い!ここはプールか?!
まず最初に、ユメウメイロの群れがお出迎え。
お次に、イエローバンドフュージュラーの群れが黄色を彩り、流れて行きました。
まだ1匹のままの、トウアカクマノミですが、こちらも相変わらず
元気!元気!
あまりにも見えすぎる透明度のせいか、
ブルースポッテドスティングレイ
見当たらない・・・・探して、探して、探して.....
いたぁ~~っ
居ました、いました。ブルースポッテッドさん。
恥ずかしいのか、頭隠して尻隠さず状態。
その横には、これまた恥ずかしいのか、、ヒトヅラハリセンボン
岩の間にスッポリとハマっていらっしゃいました。
これまたカワイイ~~

48分すっかり透明度に酔い痴れた、1ダイブでございました。
最後に悔しいから、ボートからナンユアン島を

nang-4-4-2006.jpg



個別ページ表示[コメント(0)] | [トラックバック(0)]



コメント(0)
[コメントリスト]





【2006/04/02 00:00】
本日のダイブログ
ポイント:セイルロック
透明度:10~12m   流れ:無し
水温:30度      気温:35度
___________________
エントリーはチムニー(竪穴)から。チムニーを出ると、
おぉぉぉぉ~っ!イエローテイルバラクーダの群れ群れ群れ!
それも私達と一緒に泳いでる!手を伸ばせばすぐ届く所を
泳いでる!ちょっと怖いぃ@@。その真ん中をブラックフィン
バラクーダ
が『仲間ですので入れて下さい』状態で、混ざってる
そして、後ろを振り返れば、タイワンカマスの群れ。
おおぉっバラクーダ三昧。seil-2-4-2006

その上は、オオクチイケカツオの群れ群れ群れ。
次から次へとやって来るぅぅぅぅぅこれまたちょっと怖い@@
seil2-2-4-2006

いつまでも観ていたいけど、お客様がいらっしゃるので、
次の見所へGo
見所に行き着くまでに、あっちこっちと忙しく行き交う
ギンガメアジに少々感激。メチャクチャ近いっ!
あれ?ギンガメアジさん、皆んなそろって今度は同じ方向に
向かってる。一緒に付いて行ってみよーっと。
おっとー
ギンガメトルネードだぁ!ありゃりゃ、お客さん見惚れすぎて
下に落ちて行っちゃったヨ.....
もちろん、中に入って360度ぐるりギンガメアジ。

さてさて、最後に向かうは飛び根
ここもすごいぞーーーーーーーーーっ
1っ箇所で イエローテイルバラクーダ×60匹(たぶん)
     ギンガメアジ×100匹(たぶん・・・)
     オオクチイケカツオ×30匹(くらい)
     ツバメウオ×20枚(これは数えた)
     ホソヒラアジ×?(山ほど)
うじゃ~
1ダイブでおなかいっぱいになるセイルロックは
あちこち見るので、忙しかった。。。。

-お客さん水面に浮上して一言-
I never dive like this in my life!! Fish Fish everyweher!!!!』
(経験本数180本のイギリス人ダイバーさんでした)


個別ページ表示[コメント(0)] | [トラックバック(0)]



コメント(0)
[コメントリスト]










| ホーム |