サムイ島 【Scuba Blue World 】のダイビングブログ 2010年08月



最新のダイビング ログ
最新のコメント

最近の
ダイビングログ

ブログ内検索
RSS

リンク

メニュー
閉じる



【2010/08/30 18:43】
8月30日
ポイント:セイルロック
天気:
風:西
水温:30度
透明度:16-18m
波:なし
潮流:あり

昨夜の雨はすっかりあがり朝から快晴そして波もなくスムーズにセイルロックへ。
エントリーしてすぐに穴の中にはヒトズラハリセンボン
じっとしていました
そしてとび根の手前にはキンセンフエダイの群れ、
とび根の方にはギンガメアジ群れやホソヒラアジ群れ、
ツバメウオの群れ、コガネアジ、オオクチイケカツオとオンパレード
セイル側に戻るとアカマダラハタがゴロゴロ、そしてゴマフエダイ達。
タイワンカマスジャワラビットも群れ。
チムニー手前にはアヤメエビス達。
コーナーの潮流に向かって棚付近にはハタンポがたくさんいました。
今日も見渡しながらダイビングしましたがセイルロックにはジンベイ登場せずでした。残念
スポンサーサイト


個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/28 22:00】
8月28日
ポイント:マンゴベイ
天気:
風:西
波:0.5M
透明度:16-18m
水温:30度

朝から快晴で出発
昨日より風があったのでボートは少しはねながら到着
ダイバーさんはジンベイに期待しながらはチュンポンピナクルズへ。
体験ダイビングはマンゴベイからスタート。
スキル終了後にダイビングスタート!
ロクセンスズメダイは浅瀬にたくさーーん。
今日も透明度はクリアで良い。
フウライボラツキチョウチョウウオワヌケヤッコ
ハシナガチョウチョウウオハナアイゴ達。
いつものホソヒラアジの群れにあっとうされながら進むと
チョウチョウコショウダイ1匹発見。
かなり大きくなっている。途中でゴマモンガラが。。。やばいか
かなり近かったけれども泳いでいってくれたので
ホットしたのである
チュンポンピナクルズのダイバーが戻ってくると残念ながらジンベイザメ登場ならず。。
無線では朝一番で登場したらしい。。んーー残念無念


個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/27 21:42】
8月27日
ポイント:セイルロック
天気:
風:西
透明度:16-18m
水温:30度

朝から快晴でセイルロックへ出発
波はほんの少しあったけれどもスムーズに一番乗りで到着
エントリーして飛び根へと移動中にアカマダラハタがじっとしている。
よーく見るとなんと釣り糸がついている。
移動できるのかどーなんだか??
2ダイブ目にも見たら同じ場所にじっとしていた。
ひっかかっているのか。なんだかかわいそう。
飛び根にはキンセンフエダイギンガメアジの群れに遭遇。
セイル側に戻るとゴマフエダイやコショウダイもいるわタイワンカマスの群れにも
遭遇。ツバメウオが10匹ぐらいイルカと思い気や反対側にあふれるほどのすごーい
ツバメウオの群れ。チムニーからでてくるとサビウツボが移動中でした。
オトヒメエビも今日は手前側に来ていました。
イボウミウシのすごく大きいのを発見。12cmぐらいはある感じ。
浅瀬を見渡しながらジンベイザメいるかな?と思いながらダイビングでしたが
今日は残念ながら登場しませんでした


個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/25 21:39】
8月25日
天気:
ポイント:マンゴベイ
透明度:18m
風:南西
水温:29度

昨夜の雷と雨がすごかったけれども朝には晴れての出発
マンゴベイからボートダイビングでエントリー
透明度も抜群によくクリアスキル終了後に入り江の外側へ。
フウライボラが10匹ぐらい砂地を近くを泳ぎ、
いつもの様にホソヒラアジの大群達。途中でタイワンカマス
群れにも囲まれる。キツネフエフキやコガネアジ、ワヌケヤッコ、
ハタタテダイ、ツキチョウチョウウオ、ホンソメワケベラはクリーニング中でした。



個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/21 21:19】
8月19日~21日
天気:
ポイント:セイルロック
風:西
透明度:18~25m
波:0.2m
水温:29度

最近のセイルロックは透明度も良くなってきています
前半はとび根の方は少し透明度が落ちていますが岩根の方は
半分はスコーンと透明度がすこぶるよく半分も18mぐらいは
見えます。いつものように群れはすごくキンセンフエダイ、
ギンガメアジ、ホソヒラアジ、そしてコガネアジ、オオクチイケカツオ、
ツバメウオ、ゴマフエダイ、アカマダラハタ、ハリセンボン、サビウツボ、
ロクセンヤッコやワヌケヤッコ、コバンアジ、ヨコシマサワラ
達。

今日はとうとうジンベイザメがダブルでひさびさに登場しました。
これからジンベイが見えるチャンスです。




個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/18 19:58】
イケカツオ

8月18日
ポイント:チュンポンピナクルズ
天気:晴れ
透明度:17-20m
水温:30度
潮流:小

波もなくスムーズにタオ島へ。チュンポンピナクルズにエントリー!
キンセンフエダイの群れ、コガネアジ、ギンガメアジ、アカマダラハタも
いつみても大きい。ハナビラクマノミ畑、そしてミナミハコフグが2匹も
近くに泳いでいてすごーくかわいいかった。
オオクチイケカツオが3匹ぐらい一緒に泳いでいました


個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/16 22:10】
日 時:8月16日
ポイント:セイルロック
天 候:
 風 :西
気 温:34度
水 温:29~30度c
透明度:12-14m



朝から快晴に恵まれスピードボートはスムーズにセイルロックまで45分ほどで到着
数日前まで低気圧でコンディションが良くなかったけれども今日は船から浅瀬が
クリアに見える。期待しながら潜降するとまずまず
飛び根に行ってみるとキンセンフエダイ群れそしてギンガメの群れ、
タイワンカマス群れにも遭遇。とび根の上にはハナビラクマノミ畑ようになっている。
セイルロック側へと戻ると大きなゴマフエダイが数匹、ホソヒラアジ群れにも出会い、
ツバメウオは10匹ぐらい固まっていた。チムニーの入り口にはアヤメエビスが
いつもいる。チムニーの中に大きなクラゲが入っていた。出れないのかな?
2ダイブ目に覗いてみるといなくなっていた。岩壁の穴にはオトヒメエビが3匹発見。
セイルロックのコーナーは潮流がかなりあり、サビウツボは泳ぎながら移動中でした。
ワヌケヤッコ、ロクセンヤッコ、アカハタ、ジャワビットフィッシュ、ヒメアイゴ、アオスジハタ、
アカマダラハタにも出会いました


個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/15 21:30】

8月15日
ポイント:ツインロック
天気:
風:西
透明度:17m
水温:30度
気温:34度

快晴に恵まれて波もなくスムーズにタオ島へ到着。
ツインロックの浅瀬につけてロープ潜降して行くとアンカーロープ
近くになんだか砂が巻き上がっている。なんだ?と思い気やゴマモンガラ!
横目で気にしながらボンヤンシーワールドを見てから次の岩へ。
ユメウメイロの子供達がいっぱい泳ぎ、ニセフウライチョウチョウウオのカップル
トオアカクマノミの子供も少し大きくなったようだ。
岩の下にはブルースポティッドスティングレイがこちらを向いていたので
カメラでお客さんもパチリ!ホンソメワケベラは足をしつこくつっついてくる。
プラスターし忘れだからしょーがないけれども。


個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/14 18:44】
8月14日
天気:晴れ
ポイント:チュンポンピナクルズ
透明度:18m
水温:29度
潮流:小

昨日の雨がどーかと思ったけれども朝から快晴で出発
チュンポンピナクルズに到着するとなんとタオ島から10隻ぐらいの
船がいてすでにダイブ中
エントリーするとハナビラクマノミ畑、アカマダラハタはじーーーと
止まり木のように動かない。え3w
オオクチイケカツオはビューンビューンと獲物を追いかけている。
大きなイトヒキアジを発見 
ユメウメイロ、ホソヒラアジ、コガネアジ、ワヌケヤッコ、
アカマツカサ、アヤメエビス、サビウツボ、アズキハタ、
アオスジハタ、ハタタテダイ、ツキチョウチョウウオ等にも会いました。


個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]





【2010/08/13 21:42】
8月13日
ポイント:マンゴベイ
天気:
波:なし
風:なし
水温:30度
透明度:15-17m

朝はあいにくの曇り空。タオ島のマンゴベイに到着
ビーチからエントリーして入り江の外へと進むと
いつものようにホソヒラアジの群れ
毎回見てもすごいのである
ゴマモンガラ発見横から前にいる外人グループの方へと移動
彼はまったく気がつかずなのでカンカンと鳴らすとあと1m距離の
ゴマモンに驚いていた。そりゃーそーだ。ゴマモンはそのまま
何もせずに泳いで行ったのでした
その他にもコガネアジ、ツキチョウチョウウオ、ハタタテダイ、ヒメアイゴ、
アヤメエビス、タイワンカマス群れ、ロクセンスズメダイ、
帰りに砂地の浅瀬を行くと水底のホースに何かいる
覗いてみても顔だけちょこっとしかみえないのですがギンボかな。
次回に又みてみよーーーと





個別ページ表示コメント(-) | トラックバック(-)



トラックバック(-)

コメント(-)

[コメントリスト]










| ホーム |